個客識別マーケティング「J-COMs」


画像
画像

 

 


 

1.日々の集客課題-CLVグラフ-

小売業の集客課題は、どんな業態でも、新規獲得・既存客リピート・離脱再開、

さらに購買アイテム増・客層増など課題と考えられます。


2.分析をしたいけど…

 

結果的にお客様が何をメイン求めるが分からず、他社施策の真似など…

 (クーポン・値引き・チラシ・LINE・SNSなど)

=お客様のニーズ×自社の強みを活かした施策をできず、顧客固定化が困難

 

 

>資料請求・ご相談はこちら

 

 

 

 

①より精度の高い「集客対策」

従来型のチラシやメール一斉配信、クーポン、CMなどと違い、顧客特性データと購買履歴データを高度分析することで、

お客様のライフスタイルや嗜好を推測し、同じ様な購買行動顧客を分類、より精度の高いサービスや情報を提供します。

 

②導入後現場に活用しやすい

ジャンガ・テックのサポートの考え方は、「システムを導入して終わり」ではなく、「導入してからが始まり」と考えています。

現場が本当に求める分析ができず、社内で十分に活用できないCRMを回避するため、

分析サポートサービスとセットで、分析に関する担当者や知識がなくても、

現場(運営部門)で分かりやすい・使いやすい、小売業に徹底した活用できるサービスを提供しています。

 

顧客データベースを集約⇒より高度な分析⇒プロモーションデータ配信まで

ワンストップマーケティングできるCRMソリューション

顧客データの様々な角度の分析により、ターゲット顧客を絞り、

顧客特性に合わせたメール・DM・POSプロモーション・モバイル端末へのPUSH通知などの

マーケティング活動をJ-COMsひとつでワンストップで実現します。

 

>資料請求・ご相談はこちら

 

 

 

 

各機能を連動し、施策の実行から結果を検証、分析結果の反映まで

システム上でシームレスなPDCAサイクルを作り上げることができます。

 

 

固定ファン増+リピート率UP+拡販+離脱再開などにより、

売上・利益を確実に向上させることができる。

 

>資料請求・ご相談はこちら

 

データマネジメント


データ連携

 お客様が保有するビッグデータとの連携が可能です。
これにより、さまざまな方向からの細かな分析や
セグメントの作成、効果検証が可能になります。
 
 

データのID統合

大量かつ複雑な構造のデータを統合し、
多様なアウトプットへ活用することができます。
オンライン・オフラインデータを各IDでデータ統合することにより、
さまざまなマーケティング施策への活用が可能となります。

ステージ

 ユーザーの属性や行動をもとに顧客一人一人に
ステージを付与することが可能です。
顧客のステージに合った適切なマーケティングを行えます。
 
 

クラスタ分類

 蓄積した顧客データを活用して、利用頻度・購入金額などのユーザの行動履歴に基づいたクラスタを作成。
その後も分析実績を重ね、様々な角度から課題を見つけ出し、
そのときの課題に適したデータを抽出します。

CRM-顧客管理-

 顧客ごとの基本情報や購買情報、ステージ等を確認できます。
 

 

マーケティング


メール・DM

ユーザー分析により最適なタイミングで

メール・DMを配信することができます。

POSプロモーション

ユーザー分析により最適なタイミングで、クーポン発行を行います。

適切なコミュニケーションによりユーザの

CVRを高め顧客固定化を実現します。

 

PUSH通知

ユーザー分析により最適なタイミングで、

プッシュ通知を配信することができます。

 

 

 

 

 

>資料請求・ご相談はこちら